プロフィール

Author:mikazuki0602
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
オリジナル小説の
実験室へようこそ♪
本業の傍らゆるゆる
のんびり更新してます。
ざっくり気ままな試作でつが、
著作権は放棄していないでつ。
初めての方は「New!更新情報」
or「contents」からどうぞ。
(*´ω`*) Since 2013.6.2

【R18限定記事について】
男のひと目線の描写じゃなく、女子目線でホントのところを描きたいでつ お読みいただくには、パスワードを入力いただくか下記URLからどうぞ 「小説家になろう」グループ内 R18女性向小説サイト「ムーンライトノベルズ」 灯凪田テイルのXマイページへ移動します。 http://xmypage.syosetu.com/x1507h/
メール

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
02 | 2017/03 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
カウンター
フリーエリア
494

いつか王路さまが〈五〉


「ウルフ、お誕生日おめでとう」
「うん、ありがとう、ユイ」
 ウルフは、「いいのか?」とはもう問わなかった。
 ウルフに唯一(つがい)になってと言われたあの日から、あたしたちは答えを確かめるように生活してきたから。1日1日大切に、そしてその日の終わりは屋根裏部屋で寄り添って迎えた。
明日が、また同じように来ることを信じて。ふたりの気持ちが今日と少しも変わっていないことを信じて。そしてもっともっと、通じ合えることを確信して。
 
「…ユイ」
「…ウルフ」
 繋がろう、もっと深く、もっと強く。決して離れないように、一つになろう。確かめよう、ふたりが唯一(つがい)であることを。

 屋根裏部屋の天窓から、銀色の満月が見える。星のない夜だった。
 その月と同じように銀色に輝くウルフの髪が、ふわりとあたしの頬にかかる。次に優しい口づけが落ちてきて、ああ、人間の姿のウルフとキスするのは初めてだなぁなんて思う。
 あたしの初めては、もちろんそれだけではない訳で。でも7回も生まれ変わったウルフは、きっと初めてではない気がするんだけれども…。ウルフの初めてって誰だったんだろう?訊いたら教えてくれるのかな?
 緊張から、ズレたことを考えてしまうあたしに、ウルフは甘く囁いた。
「ユイ、可愛い。俺の唯一(つがい)」
 ウルフの首にぎゅぅ、としがみつく。ごめん、苦しいよね?でも…。
 ふふ、ウルフは余裕で笑うと、そっとあたしの両手をその首から外した。
「大丈夫、怖くないから」
 人間の姿のウルフに、あたしの大好きな肉球はないはずなのに、あたしをさわさわと撫でる指が甘く切なく心地いい。
 それから人の姿になっても長い舌が、ぴやりとあたしの首筋を舐め上げて、あたしは思わず喉を反らして声を漏らす。
「や…ぁん」
 その声を嬉しそうに受け止めて、ウルフの舌はさらにあたしの躰の上で悪戯をする。
 ああ、あたし、耳が弱いんだ。耳の輪郭から耳朶まで、温かな舌に愛撫されて、そんなことも初めて知る。
 うなじをウルフの長い指がつつっと撫で降りて、鎖骨にかりりと歯を立てられる。様々な刺激に翻弄されていると、今度は深いキスが「俺を感じて」とばかりに意識を鷲掴みにする。
 ああ、ウルフ、こんなにも愛おしいなんて。自分以外のひとを想うことが、こんなにも苦しいなんて。
「ユイ、俺のユイ。俺だけの唯一(つがい)」
 そう言われて眼を開けたら、ウルフの熱のこもった切なそうな瞳に捕まった。
「ウルフ、そんな眼をしないで」
「俺、どんな眼をしている?」
「…きっと、あたしとおんなじ眼」
「…わかった」
 ウルフが、あたしのささやかな2つの膨らみを両手で包む。壊れものを扱うみたいに優しく揺らすから、嬉しくて涙が滲む。それからウルフは、さらに優しくその2つの頂点に甘い刺激を与える、舌で指先で、何度も交互にあやすように。
「痛くない?」
 痛くなんかない、気持ちいい。
 眉をきゅっと寄せて、快感に涙ぐみながら、あたしは頭(かぶり)を振る。
 そして、なんだかわかってしまった。ウルフもきっと同じことをして欲しいんじゃないかって。
 だから、あたしはそっとウルフの耳朶を噛む。
 ちょっとウルフが驚いたような表情をしたから、あたしは自分の積極さに顔が火照る。
「ウルフも…してほしくない?同じこと…」
「ユイ…わかるの?」
「うん、たぶん…唯一(つがい)だから?」
「…っユイ!」
 心のままに、感じるままに、あたしたちは舐め合い、愛撫し合い、愛おしさを伝え合う。指で、舌で、眼で、表情で、全てで。
「ユイ、いい?」
 心も躰も、もうとろとろに溶けあって、ウルフがあたしなのか、あたしがウルフなのかわからなくなった頃、あたしたちは本当の意味で一つになった。
 痛みも幸福も、仲良くわけ合って。
「ユイ。ユイが痛いと、俺はここが痛い」
 ウルフは筋肉で綺麗におおわれた彫刻のような胸を、長い人差し指で叩いて言った。
 あたしの初めては、あたしたちの初めては、とてもとても感動的で神聖だった。
 こんなにも満たされて、こんなにも泣きたくなる行為があるなんて知らなかった。
「ウルフ…」
「ユイ…」
 銀色の月と、それと同じくらい美しいウルフの銀髪に誓って言う。
 この夜、この瞬間あたしは、もう死んでもいいと思うくらい幸福だった。


✵ ✵ ✵

 それから、数週間が経って。
 ウルフは物思いに沈むようになった。
 本人は隠しているつもりだけど、やっぱりわかってしまう。
 とくに月の美しい夜は、夜中に目が覚めるとベッドにウルフの姿がない。
 ああ、またきっと屋根裏部屋に行っているんだ。

 ねぇ、ウルフ、どうしたの?
 後悔してるの? あたしと唯一(つがい)になったこと。
 あたしの隣で眠るより、独り屋根裏部屋で眠る方が安心するの?
 教えて、どうして何も言ってくれないの?

 
 気持ちのいい朝だった。
 いつものように犬型のウルフと朝の散歩へ出掛けた。
 ウルフはいつの間にかまたひと回り大きくなって、犬型でもあたしより大きい。田舎だから、早朝出会う人は少ないけれど、たまに会う人がちょっと怯えてヒクくらい、いまのウルフは大きい。
 爽やかな大気を深呼吸したせいだろうか、朝食のテーブルについたウルフはいつもより明るい笑顔だった。
 香りのいいコーヒーを飲んで、こんがり焼けたトーストを食べ、フルーツみたいに甘いトマトともぎたてのきゅうりを使ったサラダ、2軒先のおばあちゃんがくれた生みたて卵のオムレツを食べる。
 ウルフもあたしも、今朝はなんだかお腹が空いて食欲旺盛だ。
「ふぅ、旨かった。ご馳走さん」
 機嫌のいいウルフの声に、あたしは少し迷ったけれど、思い切って訊いた。
「ねぇ、ウルフ。なにか、あたしに隠してることない?」
 ウルフは一瞬だけ、驚いた表情になったけれど、やがて静かな微笑みを浮かべて言った。
「やっぱり、唯一(つがい)にはかなわないなぁ」
 あたしはあたたかいコーヒーを、もう一杯ずつ入れてウルフの前に座った。
「なにを訊いても、驚かないよ」
 
 
 あたしたちが一つになって何日か目の深夜、ウルフは何かに呼ばれる気がして、独りで屋根裏部屋に行ったのだそうだ。
 そうして、見えてしまった。自分の本当の姿、本来の居場所。

「ユイ、俺は犬じゃなくて、コーダという生きものらしい」
「コーダ?」
 訊いたことのない名前に、あたしは怪訝な面持ちで首を傾げる。
「うん、コーダは犬でも狼でもない。独自の文化と生息地を持つ。コーダの森と言うところで、群れをなして生活しているんだ」
「コーダの森?それは、ウルフと最初に出会ったあの、こんもりとした森のこと?」
 ウルフがゆるっと首を振って、綺麗な銀髪がさららと揺れた。それがとてもセクシーで美しいと、あたしはまた場違いなことを思った。
「コーダの森は別世界にある。そこが俺を呼んでいる」
「呼んでいる?」
「うん。月の美しい夜、屋根裏部屋に行くと、声のようなテレパシーの音のようなものが聞こえるんだ」
 それは、ウルフだけを呼んでいるの?唯一(つがい)であっても、あたしは呼ばれないの?

「それに、俺はコーダの中でも突然変異した種類らしい」
 初めて訊くことばかりで、あたしは混乱しはじめていた。
 突然変異って、なに?
「コーダの中でも、人間の言葉を話すヤツや、俺みたいに人間の姿と獣の姿を行き来するヤツがいるらしい。そして、そんな突然変異した異質なコーダは、コーダの森では受け入れられないみたいなんだ」
「呼ばれているのに、受け入れられないの?」
 あたしの不安は、増すばかりだ。
「そんな異質なコーダ達が目指す、ユートピアがあるらしい。俺を呼んでいるのは、どうやらそこに棲む誰かだ」
「誰かって、誰?」
 ウルフは、すぅと眼を細めて、空を凝視する。
「ダメだ、まだ、見えない」

「…ウルフ」
 あたしはますます不安になって、ウルフの手を握った。
 そんなあたしを、ウルフははっとしたように見る。
「ごめん、こんな突拍子もない話をして。でも、ずぅっと呼ばれていて、それが誰かものすごく気になって、ユイにいつ、どうやって話そうかとずっと悩んでいたんだ」
「話してくれて…ありがとう」
「…ユイ」
 そうだ、ウルフが独りで思い悩んでいるより、話してくれる方がずっといい。だってあたしは、彼の唯一(つがい)なのだ。それも何度生まれ変わっても、永遠の。それを信じなくて、なにが唯一(つがい)だ。
「ユイ、俺、いや俺たち行かなくてはいけない気がするんだ」
 …その、ユートピアに?どうやって?
「ユイ、一緒に行ってくれるか?」
「あたしたちはいつだって、どんなことがあったって、一緒だよ。でも、本当に行かなくちゃいけないの?」
「うん、たぶん」
 それなら、行こう。ウルフが行くしかないなら、一緒に行くだけだ。
「いいよ」
 さらりと、まるで近所へ散歩にでも行くみたいに気軽に答えたあたしに、ウルフがまた驚いたように(はしばみ)榛色の眼を見開いた。
 可笑しい、ウルフ。なんで驚くの?
 いつだってどこでだって、あたしたちは一緒だって、もう運命の神様が決めたんだよ?あたしに不安は、もうこれっぽちもなかった。

 それからあたしは、本当に久しぶりに実家へ帰った。父と母、弟に「ちょっと外国へ、旅行へ行くつもり」と伝えるために。
 どこかわからない別世界だから、外国でも間違いではないだろう。たぶん永遠に消えてしまうことは…ごめんね。
 そしてお世話になっている編集部に、「少し充電期間を取りたいんです」と言って最後の原稿を手渡ししてきた。
 たいした作家でもないのに、充電期間なんて生意気だと我ながら思うけど、それもすんなり受け入れられた。
 それだけだった、あたしのこの世界での最後にするべきこと。なんてシンプル。


「ユイ、俺たちが目指すユートピアでは、この世界の7倍の寿命があるらしい」
 ウルフには、少しずついろんなものが見えはじめているようだ。
 7倍長い人生か…それがいいことなのか悪いことなのか、いまはまだわからない。
 ただ、わかることは、ウルフさえいればなにも怖くないということ、それ以外は何も求めない。なんてシンプル、なんて心地いい。


 星のない夜、銀色の美しい月が、屋根裏部屋の天窓から見える。
 あたしたちは、心静かにそのときを待った。
 夜空が急に明るくなって、銀の月が細かな光に砕けた。砕けた光は、まるで銀の雨のように天窓の硝子をやすやすと通り抜けて、ウルフとあたしの上に降ってくる。
 身体が急に軽くなって、ウルフとあたしは銀色の雨に包まれた。そして、雨とともに静かに消えた。この世界から、この世のすべての関わりから、永遠に。


✵ ✵ ✵

 バカみたいな値段で売られている海辺の街の古い家を、独りの女性が買った。
 彼女はフリーのプログラマーで、コンピュータとネット環境があれば、どこでだって仕事ができる。
 3年つきあった恋人がいたけど、親友に寝取られた。親友は妊娠していて、彼らは結婚するそうだ。
 誰にも会いたくなかった。
 心配してくれる両親や家族、慰めてくれる友人、仕事を前より回してくれるようになった仕事仲間、全てが煩わしくて逃げてきた。この海辺の小さな街へ。
 彼女の日課は、早朝の散歩だ。
 ある朝、前々から気になっていたこんもりした森まで、彼女は足をのばしてみた。

 きゅぅ~い、きゅあん、きゅぃ?

「なに、仔犬?」
 その可愛らしい声の主はすぐに姿を現した。
 小さな小さな黒い毛の塊(かたまり)。仔犬にしては、ちょっと鼻が尖っていて、つり眼気味なのもかえって可愛い。
「やだ、お前。ちょっと、狼の仔みたいだね」
 しゃがんで頭を撫でる彼女の足に、黒いもふもふの塊がくぅ、とすり寄った。
 彼女の心に、忘れかけていた温かさがほんわりと灯った。だから彼女は、その小さな黒い塊を抱き上げて頬ずりしながら言った。
「可愛い…。ねえ、お前、あたしと一緒に来る?」


〈了〉



最後に唐突に、コーダってなんやの?
…て思いますよね。(*´Д`)
でもこの「コーダの森」の物語は、いつか長編で
お届けできたらいいな、て思ってます。(*´ω`*)
最後までお読みいただきありがとうございました。



スポンサーサイト
2

Comment

  1. canaria

    canaria

    2016-01-21 (Thu) 20:24

    mikazuki様こんにちは。
    先日は作品をおすすめくださり誠にありがとうございました。
    早速おすすめ頂いた「いつか王路さまが」
    読ませていただきました。

    ウルフの描写が、出会ったときから人間の姿になった時までとても魅力的でした。
    リアルファーのかわいらしさと人間になったときの素敵な佇まい、どちらも捨て難いです……!

    また、唯一(つがい)という表現がとても印象的で二人の絆の形がなおいっそう深く伝わってくるようでした。
    最後、お話がループしているのも、物語に広がりを見せていますね……!
    前編通して、キラキラと輝く、とても透明度の高い、素敵な物語でした……!
  2. mikazuki0602

    mikazuki0602

    2016-01-21 (Thu) 20:45

    canaria様

    早速、読んでくださったんですね。
    ありがとうございます。m(__)m

    それに素敵な感想、ありがとうございます。
    勇気づけられました。(*´ω`*)

    「唯一」っていいですよね。
    私は短編でも長編でも、唯一の存在にこだわっているので、
    そこを気に入っていただけたらとてもうれしいデス。

    今後は、いまスローペースの更新以外に、
    コンテストに挑戦したいものを書き進めています。

    canaria様も、どうか素敵な作品を書き続けてくださいね(*´▽`*)

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
0

Trackback

Trackback URL

検索フォーム
QRコード
QR
Return to Pagetop